受給の手続きはお済みですか?

@埋葬費(葬祭費)受給の申請
 健康保険の埋葬料は、被保険者本人並びに家族の死亡ともに一律5万円が支給されます。
 国民健康保険の場合は、市町村により異なりますが、3〜7万円が支給されます。

A高額療養費受給の申請
 病気・ケガなどで病院等に長期入院したり、治療が長引いたことにより、1ヶ月あたりの医療費の自己負担額が高額となり、一定額を超過した場合は、その超過部分について高額療養費を受給できます。

B遺族年金の受給申請(共済年金もほぼ同様です)
 遺族基礎年金、遺族厚生年金の2種類があります。ただ、誰でも受給できるわけではなく細かな受給資格要件があります。中高齢寡婦加算等の難しい用語はこのページでは避けたいので、その詳細は割愛させていただきます。詳しくは社会保険事務所や共済組合事務所などでお尋ねください。

C国民年金の死亡一時金の申請
 国民年金の被保険者(第1号被保険者と呼ばれます)が、国民年金の保険料を3年以上納め、かつ老齢基礎年金や障害基礎年金のいずれも受給せずにお亡くなりになった場合に12万円から32万円の範囲で遺族の方が受給できます。

D生命保険の請求
 生命保険には、民間の生命保険会社の生命保険、日本郵政公社の簡易保険等があります。また、住宅ローンを組んだ際に生命保険に加入しませんでしたか?

 以上おおまかに列挙しましたが、いずれの受給手続きも、支払請求の手続きをしなければ一切支払われませんし、大抵は2年以内に済ませなければならないものばかりです。
 また各請求によって窓口は違いますし、提出書類も全く同じではありません。(一部共通しているものもあります)
 よく確認して、申請漏れのないようにしなければなりませんね。